ACfA対人戦攻略ノート

「アーマード・コア フォーアンサー」の研究ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チューン 

このブログでは、フォーアンサーからアーマード・コアに入った人向けに基礎的なことの解説もしていきます。

ACが敷居が高いと言われる所以は、操作の難しさの他にパーツパラメータの難解さがあります。
まずこれを理解しておかないとスタートラインに立てません。
とりあえず、wikiのパラメータ解説の項目を読むのが一番ですね。
大変でしょうが全部読んでみて下さいw
(ちなみに、リンク先はAC4のパラメータ解説です。ACfAとは名称とかが若干違うかもしれません。)


ここでは、パラメータの意味がわかってるのを前程に、チューンをどのようにすればいいかの解説をします。

<積載量>
前作は高ければ高いほど旋回性能が高くなりましたが、近作は影響ないみたいです。
重量オーバーになっちゃったら必要な分だけチューンするって感じでいいと思います。

<EN出力>
チューン必須です。どんな機体でも必ずフルチューンしましょう。
これをあえてフルチューンせず、エネルギー管理の練習に使うというのもありです。
オフラインの練習ではちょっとチューンを抑えた方がいいかもしれませんね。

<EN容量>
チューンによる増加が大きいジェネレータならチューンする価値ありです。そうでないなら他に回した方がいいでしょう。

<KP出力>
コジマ武器の増加・アサルトアーマー(AA)の登場により、PAが剥がれる機会が多くなってKP出力の重要度も上がりました。できればチューンしておきたい項目。 重量機なら尚更です。

<運動性能>
ロックオンカーソルが遅い場合はチューン必須です。
逆に、相手を画面内に捉えれば一瞬で照準が合う場合は必要ありません。

<射撃安定>
この数値が低い腕でマシンガンやアサルトライフル等の連射系武器を使う場合はチューンします。
その他に、重い武器を持つ時にもチューンの効果があります。

<照準精度>
この数値が低い腕で標準ライフルやスナイパーライフル等の中~遠距離用武器を使う場合はチューンします。

<EN武器適正>
両手がEN武器ならフルチューン推奨。片手だけなら、できればチューンしておきたいって程度です。

<ロック速度>
武器、戦術、オート主体かマニュアル主体かによって最適値が変わってきます。
ネクスト相手にテストして、最も丁度いい速度を見つけましょう。
照準移動は速いけどロック速度は遅い、照準移動は遅いけどロック速度は速いというのは避けたいいです。

<ミサイルロック速度>
使用するミサイルの種類によってロック完了時間が変わります。
これもテストで最適な速度を見つける必要があります。

<レーダー更新間隔>
FCSによってはなるべくチューンしておきたいです。
50台とかだと、近距離高速戦闘ではかなり辛いです。
フラジール相手にテストして、ストレスを感じない程度にチューンを。

<対ECM性能>
オンではECMを使う人がほとんどいないので、あまり意味がないチューン項目です。
レギュでECMが強化されれば選択肢に入るかもしれません。

<整波性能>
PAが厚いとアサルトアーマーの攻撃力がアップするので、重要度は前作より上がりました。
チューンするなら、まず最初にコア。その次に、腕か脚でチューンの効果が高い方を。

<水平推力(メイン)>
軽2ならフルチューンしておきたいです。
逆脚の場合は、通常ブーストをすることがあまりないので、突撃特化でもない限り未チューンでOKです。

<垂直推力>
空中戦でのエネルギー効率が上がるので、4脚のように完全地上戦主体でなければ選択肢に入ります。
でも逆脚なら普通は不要です。

<水平推力(バック)>
引き速度が若干上がりますが、ほんの僅かなのであまり意味がないチューン項目です。

<水平推力(左右)>
同じく、引き速度が若干上がりますが、ほんの僅かなのであまり意味がないチューン項目です。

<クイック推力(メイン)>
軽量機ならフルチューン必須。
重い機体でも、機動力が上がるのでなるべくチューンしておきたいです。

<クイック推力(バック)>
引き機ならフルチューン推奨。

<クイック推力(サイド)>
引き機ならフルチューン必須。
旋回が遅い機体もフルチューン必須です。
突撃軽2でも、機動力・回避力が上がるのでなるべくチューンしておきたい項目です。

<OB推力>
戦術によっては選択肢に入ります。
特に、前ブーストの出力が低くて、距離詰めをOBに頼るような機体の場合です。
あるいは、突撃力を更に高めたい場合など。

<安定性能(頭)>
脚部の安定をフルチューンしてもまだ射撃時に硬直する場合は選択肢に入ります。

<安定性能(コア)>
前作にはなかったパラメータです。
着地時の硬直に影響する模様。他に効果があるのかは不明。
とりあえず無視でいいでしょう。

<安定性能(脚)>
説明書には「被弾時の機体安定に影響します。」としか書かれていませんが、射撃時にも影響します。
前作の「脚部射撃安定 」です。硬直が発生する反動武器を使う場合はチューンした方がいいです。
※近作ではあらゆる硬直をQBでキャンセルできるようになったので、脚部安定の重要度は下がりました。

<旋回性能>
EN出力の次に重要な項目。
よほどのことがない限りフルチューンでOKです。



長い!!少しは役に立ったでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2008/03/31 02:31 ] チューン | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。